ガスの乗り換え前に比較をしよう

  • ガスの自由化による乗り換えはメリットが多い

    • 2017年4月より都市ガスの自由化が開始されて供給会社が選べるようになりました。2022年には導管がより公平に使えるようになる予定です。新規参入する会社が導管を使えるようになることで、多くのメリットが得られるようになります。

      今までの会社から他の供給会社への乗り換えで、生活がより豊かになるでしょう。


      乗り換えのメリットとしては、供給会社の選択肢が広がるので料金の面で大幅な値下げが期待できます。

      ガスは独占分野であったため、これまではかかったコストを積み上げて会社の利益を上乗せて決定していました(総括原価方式)。

      独占販売とも言える状況だったので、コストを下げる本気の努力がされていたかは疑問です。


      しかし自由化になると、お客さんを獲得するためのサービス合戦が始まります。ムダなコストをかけられませんし、本気の値下げが期待できます。

      ガスの乗り換えの情報収集がもっと楽になります。

      ポイントサービスやセット割、定額制など料金メニューの幅が広がり、ライフスタイルに合わせて割安プランが選べます。

      また、今後はサービスの向上が予想されます。

      料金だけで競争するのがきついとなると、異業種からの新規参入企業はその特色を活かしたサービスを展開すると考えられます。さらに、自由化が浸透するとガスの導管網の整備が行われます。


      供給会社同士で接続する流れになるので、これまでより多くの家庭で安価な供給が実現するでしょう。



      災害発生時のバックアップとしての効果も期待できます。


      しかしデメリットがあるのも事実で、ガス自由化になると大都市と地域格差が生まれる可能性があります。
      新企業が大都市圏のみでしか参入しない場合があるからです。



      とは言え、安定して供給してもらえる場合がほとんどです。


      ガス会社の乗り換えはお得なので、検討する価値があります。

top